病気の感染経路とは

病気の感染経路はさまざま

病気の感染を予防する方法とは

空気・飛沫・接触など、病気の種類によりさまざまな経路で体内に侵入してきます。たいていは体の中に備えている免疫が跳ね返してくれていますが、疲れていたり弱っていて免疫力が落ちていると感染率が高くなります。病気の予防としては心身を健康に保つことが一番ですが、それにさらに、乾燥する季節や人混みにはマスクを着用して外出する、帰宅したら手洗いうがいを徹底するなどの対策をする必要があります。家族で住んでいる場合や幼稚園・学校・老人ホームなどの集団においては、手洗いうがいという対策がより効果的に予防に繋がります。

勝手に風邪と決めつけない

私たちは生きている以上様々な病気に見舞われることがあるわけですが、医療機関で治療を行う際に感染経路を知る必要があります。 例えば風邪らしき症状が見られる場合、すぐに風邪と断定するのは早すぎます。 主な風邪の症状に言われる咳が出る、頭痛がする、体がだるい等といったことで医療機関を受診したところインフルエンザや肺炎におかされていたという事例もあります。 病院では診察の時に、風邪以外の病気を疑った場合は詳しい検査をして病原菌を探ります。 素人の私たちにはわからない症状でも、専門家を頼ることで自分の健康を守れます。

↑PAGE TOP

Copyright © 病気の感染経路はさまざま All rights reserved