パーキンソン病とは

パーキンソン病の治療とは

パーキンソン病の治療の方法とは

パーキンソン病は原因不明の神経変性疾患で、便秘や立ちくらみなどの自律神経障害や振戦とよばれる手足のふるえ、睡眠障害や抑うつといった精神障害などの症状が現れる病気です。近年の研究では、神経伝達物質であるドーパミンの減少や不足が関与しているといわれています。そのため、治療法の一つとしてドーパミン不足を補うための薬物療法があります。また、最近では、深部脳刺激療法といって、刺激電極を脳内の特定場所に留置し、電気刺激を与えるという手術も行われるようになりました。ただし、手術は薬物療法がうまくいかない場合に行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気の感染経路はさまざま All rights reserved