病気にならないために

冬は病気が流行りやすい

冬に感染する病気とは

冬は感染による病気が非常に多い季節です。まず、代表的なのがインフルエンザ。毎年、沢山の学校が学級閉鎖に追い込まれるほど流行します。また、マイコプラズマやノロウイルスなども冬に感染しやすくなります。マイコプラズマは、検査が難しく、発症してから1週間し、総合病院で検査をして、やっと正確な判断ができます。マイコプラズマであることに気が付かないため、長期間治らない場合や知らない間に周りの人たちにうつしているケースもよくあります。多くの病気が流行する季節ですので、外から帰ってきた時は、うがい、手洗いをするなどしっかり予防することが大切です。

手洗いうがいを忘れずに

病気に感染してしまうと、さまざまな症状に悩まされることになります。できるだけそのような事態をさけるためには、自身の免疫力が低下しないように、常に健康を意識しながら生活をすることが大切です。生活習慣や食生活が乱れないようにすることで、体の機能が正常に働き、そして免疫力などの維持にもなるでしょう。そして、外出時にはマスクをしたり、手洗いやうがいなどを帰宅後はきちんと行なうことなどで、病気の予防をしていく事も大切です。自分が感染してしまうとそこから身近にいる人々にも、移してしまう可能性もでてくるため、できるだけ予防していけるように普段から、心がけることが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気の感染経路はさまざま All rights reserved