病気感染しないために

知らないうちに病気に感染

病気の感染経路について

病気の種類は様々です。その中には、風邪などのウイルスや細菌が原因となって起こるものが含まれています。このような病気を発症してしまう経路はたくさんありますが、例えば、公共の場の、エスカレーターなどの手すりに病原菌が付着し、それを無意識のうちに触ってしまうことで、その後手などに病原菌が付着したまま、食事などの時に体内に取り入れてしまうことで、感染を引き起こしてしまいます。その他には、ただ、その疾患にかかっている起こしている人と会話をするだけでも、空気感染で症状を引き起こしてしまうこともあるため、予防がとても重要になります。

様々な病原菌で発症する感染症

病気は、多種多様な寄生虫や細菌、真菌、ウイルス等の病原体に感染し発症するとされ、各病原体の特徴や抗体などの研究が進められています。しかし、人間の免疫系が認識するウイルスゲノムが頻繁に抗原連続変異を繰り返し、パンデミックを引き起こしたりします。抗原不連続変異を引き起こすインフルエンザウイルスなどのウイルス性の病気では、免疫反応の喪失やワクチンの不適合などが生じ甚大な被害を及ぼし人類の大きな脅威となっています。最近では、南アフリカで蔓延したエボラ出血熱や南米で問題となっているジカ熱、記憶に新しいテング熱なども感染症です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気の感染経路はさまざま All rights reserved