痛風の原因はプリン体

痛風対策では食事に注意

痛風の元、尿酸をつくるプリン体

痛風は血液の中の尿酸が増えて関節の組織などに結晶化し痛みを伴う病気です。発症年齢は40代前後が多いようですが最近では若年化していると言われています。8割以上が男性と言われています。尿酸をつくる元になるのがプリン体だと言われておりビールに多く含まれていますが様々な食品にも含まれています。特に多く含まれているのはレバーや海老、カツオ、煮干し等です。尿酸が高いと言われたらお酒だけではなく食事内容にも注意が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気の感染経路はさまざま All rights reserved